admin

/iida2027

About iida2027

This author has not yet filled in any details.
So far iida2027 has created 57 blog entries.

lbs-japantrek2017-iida-tour Report4

LBS×IIDA Report4 ランチパーティー (天龍峡の河岸で2日間を締めくくる) Reception & lunch party(March 30 12:00) 2日間の滞在の締めくくりは天龍峡近郊での屋外ランチパーティー。牧野光朗飯田市長(左)のトップメッセージでスタートし、Japan Trek が飯田に来ることになったきっかけを作った飯田出身でLBS学生の山内絢斗さん(29・財務省勤務=右)の紹介も行いました。 飯田市「リニア未来都市ブランディング」プロジェクトのシンボルマークのお披露目も。ブランディングアドバイザーの竹内宏彰さん(左)とデザイナーの遠山康幸さん(右)がとともにステージで紹介しました。 和太鼓演奏もパーティーを勇壮に盛り上げます。 飯田の酒造会社「喜久水酒造」様から提供いただいた日本酒で乾杯。 舟下りの運行会社「天竜舟下り」様からは青い法被(はっぴ)のプレゼント。じゃんけんゲームでプレゼントを勝ち取った学生は上機嫌です。 LBSの学生たちがイメージした飯田市の英語版キャッチフレーズも紹介しました。「Feel Tradition,Taste Nature」は優秀作品の一つです。 ステージに設置した大型ディスプレイを見ながら、学生がSNSサイト「Instagram」に投稿した飯田滞在を振り返りました。画面に映し出されているのは、前日体験した農家での食事シーンです。 焼き肉を中心にした盛大なランチパーティーが続きます。天龍峡のレストラン「ristorante COCORISM」の屋外テラスにて。 Finale(14:00) [...]

lbs-japantrek2017-iida-tour Report3

LBS×IIDA Report3 飯田観光 (舟下り~人形浄瑠璃) 【天竜川での舟下り】 Riverside(March 30 9:00) 飯田での滞在2日目は市内を流れる天竜川へ。晴天に恵まれ、春先としては絶好の舟下り日和です。 On the boat(9:30) 飯田市内の弁天港から時又(ときまた)港まで約6km35分間の“船旅”です。 River cruising 急流域の豪快な水しぶきが顔や手のひらを濡らす度に大きな歓声があがります。 【人形浄瑠璃の「今田人形」】 Puppet museum(10:15) 人形浄瑠璃は、江戸時代から続く日本の伝統芸能の一つ。国の選択無形民俗文化財である今田人形を見学するため、飯田市龍江の「今田人形の館」を訪ねました。 “Japanese tradition” 人形を操る体験にも興味津々! 人形浄瑠璃が伝える江戸期の町民文化が、学生たちにとって典型的な日本のイメージと重なったのかもしれません。なお、飯田の人形浄瑠璃には「今田人形」の他に「黒田人形」(飯田市上郷)もあります。 [...]

lbs-japantrek2017-iida-tour Report2

LBS×IIDA Report2 農家民泊 (飯田市郊外の農家に宿泊) Farm families(March 29 16:50) 「農家民泊」は、今回のJapan Trekの目玉企画。農家での体験をするため、飯田市中心部を離れて郊外へ移動しました。飯田市千代(ちよ)地区では、宿泊先のお父さん達が到着を待っています。 “Yoroshiku” 飯田市役所千代自治振興センター前でホストファミリーとの対面式が行われました。128人のLBSの学生が4人ずつ、32軒の農家に分かれて「農家民泊」を体験します。 Farm house(17:30) 農家の自家用車に乗って今宵の宿泊先へ。市街地からざっと1時間です。 農家にもLBSの歓迎パネルが掲げられていました。 学生たちは4人ずつ分散して、農家に滞在します。柿農家を営む近藤丑男さん(79)夫婦と玄関先で記念撮影。 “This is my Translater” 農家民泊の受け入れには慣れているホストの近藤さんですが、英語を話せないのでスマートフォンの英語翻訳アプリで「会話」します。 Communication 「スマホ英会話」を実演してみせる近藤さん。不安げな表情だった学生たちがホッとした様子で近藤さんを見つめていました Japanese style room 「川の字」に並んだ布団、襖(ふすま)、奥の間の神棚やダルマの置き物など、LBSの学生にとっては珍しいものばかりです。 Dinner time(19:00) すきやき鍋が出されて夕食が始まりました。次第に場が和んでいきます。 [...]